走行距離によって保険料は変わるの?保険料は走る分だけ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

走行距離によって保険料はどのくらい変わる?

テレビのCMで「保険料は走る分だけ!」というのを見たことがある人も多いでしょう。

 

そんなCMをみて

 

「走行距離によってどのくらい保険料が違うんだろう?」
「私はあまり乗らないから安くなるかしら?」

 

という疑問を持った方もいると思います。

 

そこで、今回は

 

  • 走行距離によって保険料がどのくらい安くなるのか?
  • どこの保険会社がおすすめなのか?

 

ということを書いていきます!

 

 

走行距離によって保険料は変わるの?

 

自動車保険の保険料の算出方法は、契約者の状況や車に影響されますが、「走行距離」もその要素の1つです。

 

「走行距離が短ければ、事故に遭うリスクが下がる」ので、「保険料が下がる」というわけです。

 

 

もちろん、逆に「走行距離が長ければ事故に遭うリスクは上がる」ので、「保険料が上がる」ことになります。

 

そのため、長距離ドライバーの人たちは気を付けなければいけません。
そういった人たちは、年間走行距離が保険料に反映されない保険を選ぶ方が無難でしょう。

 

 

なお、年間走行距離によるリスク細分型の保険は、走行距離をいくつかの区分に分けて、その区分ごとに割引率を設定しています。

 

そのため、自分の走行距離にあった区分のある保険会社を選べば、大きく割引してもらえる可能性があります。

 

 

走る分だけ!の保険は安いのか?

 

走行距離で保険料が割り引かれる「リスク細分型」保険を採用している保険は、安くなる人が多いのでしょうか?

 

国土交通省の公表データを見る限り、年間10,000km程度が自家用車の平均的な年間走行距離になっています。

 

そして、保険会社の「リスク細分型」の保険料設定でも10,000km程度を境目として保険料が上がっているのです。

 

 

つまり、平均よりも少ない走行量の人であれば、保険料が安くなる見込みがあるわけです。

 

もちろん、逆もまたしかりですので、リスク細分型保険を選ぶかどうかの目安となるのではないでしょうか?

 

 

どんな人におすすめなの?

 

上述のように、走行距離によるリスク細分型保険は、年間走行距離が「平均よりも短い」人にはおすすめです。

 

 

毎日の通勤に使っている人の年間走行距離が、5,000kmから10,000kmと言われています。

 

つまり、週末のレジャーと年に1度程度の長距離ドライブをするくらいの人であれば、走行距離が5,000kmを割り込んでいることが多いのではないでしょうか?

 

以下のような人は、保険料が割安になる可能性が高いと言えます。

 

 

・週末ドライバー
・毎日の通勤もしくは通学程度しか使わない
・ロングドライブはしない

 

 

走行距離によって変わる会社はどこ?

 

年間走行距離による「リスク細分型」保険を取り入れている保険会社を紹介しましょう。
会社ごとに走行距離の区分の広さや割引率などは様々ですので、自分に合った保険会社を選ぶようにしなければいけません。

 

 

ソニー損保

 

契約時に年間の予想走行距離を以下の7区分から選択します。(用途が業務用や法人契約では利用できません)

 

走行距離の区分が他社に比べて細かくなっているため、最適な割引を得やすいのが特徴でしょう。
また、実際の走行距離が予想走行距離よりも「1,000km以上」少なかった場合は、継続時に割引を受けることができるという珍しい特典があります。

 

 

3,000km以下
5,000km以下
7,000km以下
9,000km以下
11,000km以下
16,000km以下
無制限

 

→ソニー損保の口コミはどうなの?

 

 

おとなの自動車保険

 

過去1年間の走行実績から、5つの走行距離区分のいずれかに決められます。
なお、過去1年に運転実績がない場合は、「新規契約」を選ぶことになります。

 

 

5,000km以下
5,000km超10,000km以下
10,000km超15,000km以下
15,000km超
新規契約

 

→おとなの自動車保険の口コミはどう?

 

イーデザイン

 

「おとなの自動車保険」同様、過去1年間の実績走行距離で、以下の走行距離区分のどれかに決まります。
区分の幅が狭くなっているため、走行距離の短い人はお得になる可能性が高いですが、最長の区分が10,000km以上になっていますので、長距離ドライバーには不利になっています。

 

 

3,000km以下
3,000km超5,000km以下
5,000km超10,000km以下
10,000km超

 

→イーデザインの口コミをチェック

 

 

そんぽ24

 

過去1年間の走行実績を申告し、そこから走行距離区分が決まるようになっています。
他社とは区分の境目が違っていますので、お得になる人もいるかもしれません。

 

 

4,000km未満
4,000km以上8,000km未満
8,000km以上12,000km未満
12,000km以上16,000km未満
16,000km以上

 

→そんぽ24ってどうなの?口コミはこちら

 

 

チューリッヒ

 

以下の5つの区分から、年間予想走行距離を申告することで、保険料の割引を受けることができます。
実際には走行距離だけではなく使用目的も同時に申請しますので、より使用状況にあった保険料になるでしょう。

 

 

3,000km以下
3,000km超5,000km以下
5,000km超10,000km以下
10,000km超15,000km以下
15,000km超~

 

→チューリッヒの口コミ

 

 

アクサダイレクト

 

年間の予想最大走行距離を申告します。
区分は以下の3つしかありませんので、ずれることはあまりないと思われますので、申告時に悩むことは少ないでしょう。

 

 

5,000km未満
5,000km以上10,000km未満
10,000km以上

 

→アクサダイレクトの口コミ

 

あいおいニッセ

 

「走行距離自動連動型」テレマティクス保険という珍しいもので、車に搭載したDCMという装置で実際の走行距離を計測して、それによって保険料が算出されます。
同時に、車の運行状況などを常にチェックしており、事故対応なども迅速に行ってもらえます。

 

 

 

使用目的によっても料金は変わります

 

チューリッヒでは、明確に使用用途と年間走行距離で保険料が変わると記載されています。

 

もちろん、他社でも同様に車の用途は申込時に申告し、それが保険料に影響します。

 

 

「レジャーのみ」であれば、雨天時などは使わないこともありますが、「業務用」であれば、嵐の日にも使用する可能性があるでしょう。
そのため、明らかに事故に遭う確率は違ってくるのです。

 

 

そもそも、リスク細分型ではない自動車保険では、使用目的(業務、通勤通学、レジャー)によって保険料が変わるのが一般的です。

 

 

 

 

 

保険料はいくら違うの?

 

では、具体的に走行距離や使用目的によって保険料はどれくらい変わってくるのでしょうか?
実際に見積もりをした金額を紹介しましょう。

 

 

なお、契約条件は以下で計算しています。

 

 

車種:カローラワゴン
記名被保険者年齢:30歳以上
ノンフリート等級:10等級
免許:ブルー免許
対人・対物:無制限
運転者限定:なし
年齢制限:30歳以上
車両保険:なし

 

走行距離による保険料の違いは月額いくら?

 

3,000km ……4,100円/月
11,000km……5,100円/月
無制限………6,300円/月

 

 

使用目的による保険料の違いは?

 

レジャー……4,370円/月
通勤通学……4,680円/月
業務…………5,040円/月

 

 

決めた走行距離と違う場合はどうなる?

 

あいおいニッセイ以外の保険会社では、年間の走行距離の予測や過去1年間の実績を使って走行距離の区分を事前に決めておきます。

 

そのため、実際に使ってみたら契約時の相克距離区分の走行距離を超えてしまうことがあります。
そんなときにどうすればいいのかは、気になるところでしょう。

 

 

走行距離をオーバーしたら

 

どれくらいオーバーしたかや、故意にオーバーしたかどうかによりますが、最悪の場合は保険金がおりない場合があります。
また、追加の保険料を徴収されることもあります。

 

もし、走行距離が走行距離区分をオーバーしそうになったら、すぐに保険会社へ連絡して相談しましょう。

 

 

 

走行距離が少ない場合

 

ほとんどの場合は、特に何ごともなく、基本的に保険料が戻ってくることもありません

 

 

ただし、ソニー損保では走行距離区分の走行距離よりも1,000km以上下回った場合は、継続時の保険料から割引を受けられるようになっています。

 

もし、走行距離にばらつきがある場合、こういった保険会社を選ぶのも1つの手でしょう。

 

 

 

まとめ

 

・年間走行距離が10,000kmを大きく下回る場合は、割安になる可能性が高い

 

・過去1年の実績走行距離もしくは年間の予測走行距離から、走行距離区分が決まる

 

・走行距離が上回りそうになったら、すぐに保険会社へ連絡すること

 


自動車保険ってどこがいいの?

「各保険会社って何が違うの?」
「補償内容や特約ってどう決めたらいいの?」
「安い保険がいいけど事故対応が心配」

とどの保険がいいのか迷っているなら、まずはこちらを御覧ください。

→賢い自動車保険の選び方。もしもの時に後悔しないために




え、5万円も!?自動車保険を見直そうと思ったら

自動車保険を乗り換えようかな?

と考えているなら、まずは一括見積りをしてみましょう。


複数社を比較することによって、自分に必要な保険がわかり、しかも保険料を安くできるかもしれません。

一括見積を利用することによって、10%の人が5万円以上安くなっていますよ!


→自動車保険の一括見積はこちら(無料です)


このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク


関連ページ

意外に知らないかも?「自動車保険」補償内容をわかりやすくまとめました
「人身傷害補償保険」って何?補償額が3000万でも大丈夫な理由
対人賠償の範囲や慰謝料の計算方法。なぜ無制限がいいのか?
対物賠償保険はなぜ無制限がいいの?こんな高額事例があるんです!
「搭乗者傷害保険」って本当に必要なの?人身傷害保険との違いは?
ノンフリート等級制度の割引率の上がり方と確認方法
等級を引き継ぎたい!等級継承の範囲や期間に気をつけよう!
ダイレクト保険VS店舗型保険のメリットとデメリット。事故対応は大丈夫?
軽自動車の保険料は本当に安いの?実は料率クラスが違うだけなんです!
【年齢・等級別】自動車保険の相場はいくら?20代と40代ではこんなに違う!
未成年(18歳/19歳/20歳)の自動車保険の相場は?安くする方法も
21歳~25歳の自動車保険料の相場。安くする方法って?
26歳からの自動車保険の相場。年齢条件を付けるとこんなに安くなる
30代の自動車保険の相場。30歳、35歳以上の年齢条件はどうなるの?
40代の自動車保険の相場。20等級と新規だといくら違うのか?
【未成年・大学生】安い自動車保険はこれだ!同居か別居で事情が変わる
家族限定の範囲と割引率。別居の子は対象になるの?
ディーラーの自動車保険はやめとけ?メリット・デメリットまとめ
トヨタの任意保険の評判はどうなの?【トヨタクレジット一体型自動車保険】
意外と少ない?自動車保険の加入率。入らないと行けない理由
あなたの自動車保険が高い理由とは?
【初めての方必見】自動車保険の賢い選び方。結局どこがいいの?