運転中にイヤホンで音楽は違反になるの?片耳でもダメ?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

自動車の運転中にイヤホンで音楽聞くのは交通違反なの?

運転中に音楽はつきものですよね!

 

個室だから、大音量で聞いて歌って、信号待ちで隣の人と目があって( ゚д゚)
という経験がある方も多いでしょうね(笑)僕のことですけど・・・。

 

 

運転中に音楽を聴くのはカーステレオという人が大半だと思いますが、、最近はスマホで音楽を聞くのが一般的になってきていてイヤホンを利用する方も増えています。

 

僕もよく、携帯に音楽や本、ポッドキャストなどを入れて聞いています。

 

ただ、最近イヤホンで音楽を聞いていたら警察に違反切符を切られた!
という話を聞きました。

 

 

イヤホンで音楽はダメなのか?
片耳なら良いのか?
都道府県ごとに条例が違うのか?

 

ということを書いたので、気になる方は参考にしてください。

 

イヤホンでの音楽は交通違反なのか?

 

道路交通法では大音量で、又はイヤホンもしくはヘッドホンを使用して音楽等を聴く等安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態で自動車、原動機付自転車又は自転車を運転しないことと定められています。

 

要はイヤホンで音楽を聞きながら運転すると安全運転の妨げになるから禁止しますというルールです。

 

そのため運転中にイヤホンで音楽を聞くのは違反となります。

 

イヤホンを使っていないとしても大音量も駄目です。
道路交通法の違反にならないように音楽を聞くには、周囲の音が十分聞こえる音量で、イヤホンやヘッドホンを使わずに音楽を流すことがポイントになるでしょう。

 

イヤホンを使いたい場合もあるかもしれませんが運転中は控えるのが無難です。

 

 

片耳ならどうか?

 

安全性が重要と言うなら片耳だけイヤホンをするのはどうでしょうか。

 

これならイヤホンをしていない耳で周囲の音も聞けます。

 

実はここがこの決まりのややこしいところで、片耳イヤホンに関しては都道府県によって対応が違います。

 

 

たとえば神奈川県の場合、神奈川県警のホームページに片耳イヤホンであれば安全運転に必要な音が聞こえるため違反にならないと明記されています。

 

しかし東京都では片耳イヤホンが違反として扱われるようです。

 

 

このように都道府県によってまったく見解が違うのが現状で、片耳イヤホンだと安全性は確保できるのか、この点がポイントになります。

 

たしかに判断の難しいところなので基本的には片耳でもイヤホンは使わない、これが良いでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

罰金や罰則は?

罰金や罰則も都道府県によって異なります。
神奈川県警察のホームページを見ると、罰金は6000円、点数はなしとなっています。

 

しかし、もしかしたら安全運転義務違反となるか農政もあります。

 

安全運転義務違反の定義は色々あり、片手運転や両手放し、サイドブレーキでの原則(ドリフト?)もこれにあたります。
なので、片手におにぎりを持って食べながら運転していたら該当することもあるのです。

 

で、この安全運転義務違反は、違反点数が2点で、罰金が9,000円となります。

 

このあたりは、警察官の判断になります。

 

 

事前に警察に確認する方法も

 

都道府県ごとで対応が違うなら警察に確認するのも1つの方法です。

 

お住まいの地域の警察に相談し、もし片耳イヤホンなら大丈夫というなら運転中もイヤホンで音楽を聞くことができます。

 

違反になるなら諦めましょう。

 

 

ただ、違反じゃないとしても運転中に音楽を聞く行為がリスクを抱えているのは間違いありません。

 

音量が小さいとしてもそれが事故に繋がる可能性は否定できませんし、違反じゃなければ何をしてもいいというわけではありません。

 

交通ルールとマナーを守り安全運転を徹底する、これがドライバーの務めではないでしょうか。

 

現状の道路交通法では片耳イヤホンへの対応は統一されていません。

 

自分では大丈夫と思っていても違反になる可能性もありますし、原則として運転中はイヤホンを使うべきではないでしょう。

 


自動車保険ってどこがいいの?

「各保険会社って何が違うの?」
「補償内容や特約ってどう決めたらいいの?」
「安い保険がいいけど事故対応が心配」

とどの保険がいいのか迷っているなら、まずはこちらを御覧ください。

→賢い自動車保険の選び方。もしもの時に後悔しないために




え、5万円も!?自動車保険を見直そうと思ったら

自動車保険を乗り換えようかな?

と考えているなら、まずは一括見積りをしてみましょう。


複数社を比較することによって、自分に必要な保険がわかり、しかも保険料を安くできるかもしれません。

一括見積を利用することによって、10%の人が5万円以上安くなっていますよ!


→自動車保険の一括見積はこちら(無料です)


このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク