三井ダイレクト損保自動車保険の口コミと評判はどう?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

三井ダイレクト自動車保険ってどうなの?

 

 

インターネット割引や特約プランなど、保険料を安くすることにこだわっている三井ダイレクト損保ですが、その自動車保険を実際に使ってみた使い勝手などはどうなのでしょうか?
また、保険料の安さ以外に魅力的な特徴はないのでしょうか?

 

「MS&ADインシュアランスグループ」のバックボーンと保険料の安さという強力な武器を持つ三井ダイレクト損保について、実際に契約した人たちの具体的な口コミを紹介しましょう。

 

 

良い口コミ

 

いままで使っていた保険に比べると、補償内容は良くなって保険料は半額以下。

保険料が安いという理由だけで入っていたので、ロードサービスなどは期待していませんでした。しかし、いざ使ってみると無料なのにすごく親切で助かりました。

事故を、起こしましたが迅速に対応してもらって助かりました。24時間対応でなくても、状況はネットで確認できますので、なんの問題もありません。

保険の加入や継続手続きなど、24時間365日可能。特に継続の場合、見積もりを他社より早めに取れるので、とてもありがたいです。

 

やはり保険料の安さについての口コミが一番多かったです。
そして、次に目立っていたのがネット申し込みの手軽さでした。他社でもネットで申し込むことができますが、三井ダイレクトはより分かりやすくなっているということでしょう。

 

また、事故対応やロードサービスについても、一定の評価を得ており、全体としてそつのない自動車保険だという結果となっています。

 

 

悪い口コミ

 

トラブルで電話をかけたがまったくつながらず。意味がありません。

事故対応が遅いです。なかなか顔を出してくれないので、不安になります。

事故担当の交渉能力に疑問を感じます。押しも弱めで相手の言いなりになっている気がします。

保険料が劇的に安いわけでもなく、ロードサービスが充実しているわけでもなく、補償内容が特別手厚いわけでもなく、中途半端。

 

電話がつながらない、事故対応が遅いなどの批判が比較的多く見受けられました。
このあたりは、保険料を安くするために営業の人員を抑えたり、オペレーターを外注したりするなどしている影響が大きいと思われますので、ある程度は致し方ありません。

 

また、担当の交渉力についても同様で、押しが弱いのではなく、どうしても反応が遅くなってしまうことで交渉が不利に傾くことがあります。

 

つまり、これらの批判は、保険料とのトレードオフとも言えるでしょう。

 

なにより、「何も特徴がない」ことを批判する口コミがあるなど、そもそも悪い口コミの少なさがかえって目立つ結果となりました。

 

 

まとめ

 

口コミを眺める限り、三井ダイレクト損保の自動車保険には、保険料の安さと堅実なロードサービス、そつのない事故対応がきちんとそろっていることが伺えます。

 

もちろん、それぞれを見ると上には上がいますので、ウリとなるものが見えにくいところはあります。
そのため、ダイレクト型保険に慣れている人には今ひとつポイントが分かりにくく、代理店型を好む人には、特徴が見えない目立たない存在になってしまうかもしれません。

 

しかし、そのウリが見えにくいという点が逆に、特別悪いところもないという安定感につながり、それが大きなウリとなっているということです。
つまり、三井ダイレクト保険は、どちらの方にもおすすめできるバランスの良い自動車保険なのです。

 

 

 

自動車保険を選ぶときは、まずは一括見積もりをすることをおすすめします。


安さだけで選ぶのはダメですが、複数の保険を比較して、サービスが充実していてさらに保険料が安いところを選ぶのがポイントです!
一括見積もりを使えば、複数の保険を比較できるのであなたにピッタリの保険が見つかるはずですよ!


→自動車保険の一括見積はこちら




 

→【年齢・等級別】自動車保険の相場はいくら?


三井ダイレクト損保とは?

 

三井ダイレクト損保は、三井住友海上やあいおいニッセイ同和損保が中核となっている「MS&ADインシュアランスグループ」の一員で、その豊富な実績や経験をバックボーンにしたサービスを展開しています。

 

また、インターネット割引をはじめとした割引や、特約プランなどを用意し、契約者のニーズに合った最適で最安な保険料にも定評があります。

 

自動車保険顧客満足度ランキングの常連で、常に上位に名を連ねているため、目にしたことがある人も多いと思います。

 

そんな三井ダイレクト損保の自動車保険について、詳細を確認しておきましょう。

 

 

搭乗者に手厚い補償内容

 

三井ダイレクト損保の補償は、対人賠償と対物賠償に他車運転特約と無保険車傷害特約が自動付帯されたものをベースに、特約などを付帯していくことになります。

 

特約は15種類と比較的多く準備されており、ダイレクト型の自動車保険らしく、契約者が保険を自由に組み立てられるようになっています。

 

特約については、搭乗者の傷害補償に重きをおいています。
例えば「ファミリー傷害特約」を付帯すると、自動車で移動した先で負った怪我なども補償されますし、「搭乗者傷害Wケア特約」を付帯すれば搭乗者の子供の育英資金まで補償されます。

 

また、車両保険については、保険料が大きく跳ね上がる要因として敬遠されることも多いですが、一緒に契約することで割引されるなどの工夫がされています。

 

 

安心の事故対応

 

三井ダイレクト損保の事故対応は、ダイレクト型の中では比較的手厚い印象があります。

 

 

専任担当が事故解決まで対応

 

担当が1事故専任担当制のため、1人の担当者が最初から最後まで対応してくれます。顔の見えないダイレクト型であればこそ、ありがたい対応です。

 

 

事故受付は24時間365日対応だが、事故対応は営業時間内のみ

 

受付自体はいつでも対応してくれますが、初期対応を含めた事故処理は営業時間(9時から19時まで)内のみになっています。この点は残念なところでしょう。

 

 

Webサイトで24時間いつでもできる経過確認と相談

 

三井ダイレクト損保のWebサイト上で経過確認や質問、相談ができるようにしてありますので、どうしようもなくなるようなことは少ないでしょう。

 

 

示談交渉代行と相談スタッフ

 

示談交渉はもちろん代行してくれます。
また、保険会社による示談交渉の代行ができない過失割合ゼロの場合でも、専門のスタッフが相談に乗ってくれるため、弁護士を探す必要がありません。

 

 

十分なロードサービス

 

三井ダイレクト損保のロードサービスは、すべての契約者に無料で提供されています。
特約やオプション扱いではないロードサービスにあまり期待してはいけないかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

サービス拠点 全国に約3300ヶ所
レッカー牽引 30kmまで無料(提携修理工場までは距離によらず無料)
車両の搬送と納車代 100000円
事故時の帰宅費用無料 搭乗者全員分、20000円/1名まで(レンタカーの場合は12時間まで)
事故時の宿泊費用無料 搭乗者全員分、10000円/1名1泊まで
現場での応急修理無料 30分程度まで無料
ガス欠時のガソリン補給 90日に1回10リットルまで。(ガソリン代は実費)

 

さすが「MS&ADインシュアランスグループ」とも言うべき内容です。
業界トップの手厚さとは言えませんが、他社の一般的なロードサービスに比べると十分な内容となっています。

 

 

業界最安クラスの安い保険料

 

三井ダイレクト損保がもっともこだわっているのが保険料です。

 

しかしダイレクト型の自動車保険の保険料が安いのは当たり前です。
外資系はもとより、いまでは国内損保でも価格競争が進んでおおり、特にSBI損保などが非常に安い保険を提供しています。

 

三井ダイレクト損保の保険料はダイレクト型自動車保険に比べると、まだ割高感があるかもしれません。
ただ、「MS&ADインシュアランスグループ」というバックボーンを持っている保険会社ということを考えると十分な安さだと言えるでしょう。

 

割引については、インターネット割引が4,000円から10,000円、継続の場合は3,000円などがあります。
ダイレクト型の自動車保険では一般的なものであまり特徴はありません。

 

それよりも、三井ダイレクト損保が安さをウリにできているのは、「年間走行距離が保険料に反映されない」というところからなのです。

 

多くのリスク細分型保険では、「走行距離が長い=事故リスクが高い」と解釈して、走行距離によって保険料が変わってきます。
しかし、三井ダイレクト損保では、走行距離は保険料とはまったく関係ないのです。

 

この点だけでも、数多くの人(特に長距離ドライバー)の保険料が下がって来ることでしょう。

自動車保険ってどこがいいの?

「各保険会社って何が違うの?」
「補償内容や特約ってどう決めたらいいの?」
「安い保険がいいけど事故対応が心配」

とどの保険がいいのか迷っているなら、まずはこちらを御覧ください。

→賢い自動車保険の選び方。もしもの時に後悔しないために




え、5万円も!?自動車保険を見直そうと思ったら

自動車保険を乗り換えようかな?

と考えているなら、まずは一括見積りをしてみましょう。


複数社を比較することによって、自分に必要な保険がわかり、しかも保険料を安くできるかもしれません。

一括見積を利用することによって、10%の人が5万円以上安くなっていますよ!


→自動車保険の一括見積はこちら(無料です)


このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク


関連ページ

代理店型自動車保険の一覧とおすすめランキング
ダイレクト型自動車保険の一覧とおすすめランキング
事故対応の評判がいい自動車保険はどこ?自動車保険ランキング
ソニー損保の口コミと評判。事故対応とロードサービスはどう?
SBI損保自動車保険の口コミ|事故対応がひどすぎるって本当?
全労済マイカー共済の評判。安いけど事故対応やロードサービスはどう?
エース損害保険 自動車保険の口コミと評判
JA共済自動車保険の口コミと評判。事故対応やロードサービスはどう?
セコム損保自動車保険の口コミと評判ってどうなの?
セゾンおとなの自動車保険の口コミと評判はどうだろう?
共栄火災自動車保険って高いの?口コミと評判まとめ
AIU自動車保険の口コミと評判は?見積もりを取る前にチェック
あいおい損保自動車保険の口コミ評判は?見積もりを取る前に!
アクサダイレクト自動車保険の評判。ロードサービスや事故対応はどう?
イーデザイン損保の口コミと評判。事故対応やロードサービスはどう?
チューリッヒ自動車保険の口コミ評判。事故対応やロードサービスは?
三井住友海上自動車保険の口コミ評判。ロードサービスや事故対応は?
そんぽ24自動車保険の口コミはどう?ロードサービスや事故対応
損保ジャパン日本興亜自動車保険の評判。ロードサービスや事故対応はどう?
東京海上日動自動車保険の評判。事故対応やロードサービスはどう?
日新火災海上保険自動車保険の評判。ロードサービスや自己対応はどう?