脱輪の対処法!自分で脱出する方法からロードサービスの料金まで

このエントリーをはてなブックマークに追加 

脱輪の脱出方法

がこっ、と嫌な音がして車が傾いた……。「ああ、脱輪をしてしまったんだな」と気づいたとき、私たちはどのような対策をとればよいのでしょうか。

 

まずは人の手を借りずに自分でなんとかしたいと考えますよね。
方法さえ知っていれば自分の力だけでも脱出できます。

 

ただ、深い溝や滑りやすい場所などは一人では難しい。
そんな時、仲間に助けて貰う方法、道具を使う方法、諦めてロードサービスを呼ぶなどいろいろな対処法があります。

 

状況にあった対処法をとることで、車を傷つけず、スピーディに解決できます。

 

 

自力で抜け出す方法について

 

脱輪の程度にもよりますが、うまくいけばロードサービスなどを利用せずに脱輪状態を解除させることもできます。

 

まずは自分の車を確認してください。
あなたの車が4WDやFF車であれば、脱出できる確率は格段に高くなります

 

これらの車はパワーがありますので、タイヤの位置をうまく調整しつつアクセルを踏めば脱輪を解消できる場合もあります。

 

 

私自身4WDの車に乗っていて後輪が完全に脱輪したことがあります。
このときは、前のボンネットに男性に乗ってもらって前の方に重みをかけ、アクセルを踏み込んで突破しました。パワーがある車ならば、試してみるとよいでしょう。

 

 

ジャッキを使って脱輪を解消する方法もあります。
ジャッキはスノータイヤの交換などにお役立ちなアイテムですが、脱輪を解消するときにも役立ちます。

 

いったんジャッキを使ってタイヤと地面の間に隙間を作ります。その隙間に丈夫な板(鉄版やコンクリート版が望ましい)を差し込むのです。
こうすることで、タイヤを脱輪から救うことができます。あとはアクセルを徐々に踏み込んで、前に出していくと抜けられることがあります。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

人の手を借りて脱出する

軽い車であったり、男性がそろっていたりするのであれば、思い切って「車を持ち上げる」という方法で脱輪を解消することもできます。
軽自動車の重さは車種によって異なりますが、1トン前後だと言われえています。もちろん1トン全部を頭の上まで持ち上げる必要などはなく、必要な箇所だけを持ち上げればよいのです。そのため、軽自動車などの場合はこの方法で脱輪を解消することも可能です。

 

しかし自分の力だけで脱輪を脱出するのはなかなか難しいでしょう。

 

「みんなでドライブをしている最中に、一台だけが脱輪をしてしまった」という場合は、牽引ロープを用いるのも一つの手です。
これは車の力を借りて引っ張り上げることができるというメリットがあります。
ただし、牽引ロープをつけても問題のない車かどうかは、きちんと見極める必要があるかもしれません。

 

ただし、これらの「自力での脱出」「人の手を借りての脱出」は、必ずしもうまくいくとは限りません。

 

車の車種にもよりますし、そのときの状況にもよりますが、確実性はそれほど高くはない方法です。
「自力で(あるいは人の手を借りて)脱出できたらラッキー」程度に考えておいた方がよいでしょう。

 

では、自力での解決が難しく、かつまわりにも人がいない……という場合にはどうしたらいいのでしょうか。

 

そんなときに頼りになるのが、「ロードサービス」です。

 

 

任意保険のロードサービスとJAF、それぞれの特徴について

 

ロードサービスは、脱輪時の車種や周囲の環境にあまり左右されることなく、状態を収拾できる方法として知られています。
自力での解決が難しい、と言う場合はロードサービスを利用するとよいでしょう。

 

「ロードサービス」というと、現在は「任意保険の特典としてついてくるもの」と、JAFに代表されるような「ロードサービスを専門としているところ」があります。
今回はそれぞれのメリットとデメリットについても併せてみていきましょう。

 

任意保険のロードサービスで注意すること

任意保険の特典としてのロードサービスの場合、原則として無料で対応してくれます。
慌てずに電話をかけるようにしてください。
ただし、任意保険のロードサービスの場合はあくまで「特典」としての扱いであるため、手厚いフォローを望むのは難しい場合もあります。また、各社によって取り扱いも違います。

 

「一輪までの脱輪は無料。ただし、二輪以上脱輪をしていた場合は別途費用が必要になる」
「落ちた距離による。1メートル以内ならば無料で対応している」
というところもあります。
また、「金額による。定額以内なら無料」としているところや、「二輪以上の脱輪でも大丈夫。クレーン作業も無料です」と掲げているところもあります。

 

もちろん、手厚いフォローをしてくれるところを選ぶことができるのであれば、それに越したことはありません。

 

しかし保険費用との兼ね合いやほかの特典と見比べた結果、「脱輪への保護はそれほど厚くはない」というところを選んでしまった人もいるでしょう。

 

また、任意保険の特典としてついてくるロードサービスの対象となるのは、基本的には「任意保険の対象となっている車」だけです。
友人の車を借りて運転しているときに脱輪をしたというケースや、仕事の車に同乗しているときに運転手が操作を誤って脱輪をしたというケースでは、対応対象外となることが基本なので注意が必要です。

 

ただその場合でも、サポートセンターはよく相談にのってくれるはずですから、まずは問い合わせの電話をしてみてください。

 

JAF会員なら無料!非会員の料金は?

それでは、JAFの場合はどうなのでしょうか。
ロードサービスの大御所として知られているJAFの場合、任意保険のロードサービスとはまったく異なる性質を持っています。

 

JAFのロードサービスは、「申込者」に対して行われるものです。
そのため、申込者が現在使っている車であるのなら、どれであっても基本的にはフォローの対象となります。
たとえ申込者自身が運転していなかったとしても同乗さえしていれば駆けつけてくれますから、非常にありがたいサービスであると言えます。友人との旅行などの際に脱輪を起こしてしまっても、これならば安心です。

 

JAFは申込者(会員)になっていれば、どの時間帯でも基本的には無料でサービスを受けられます。

 

非会員の場合は、

 

一輪だけの脱輪・昼間 11,950円
一輪だけの脱輪・夜間 14,010円
二輪の脱輪・昼間 12,880円
二輪の脱輪・夜間 14,940円

 

という料金を設定しています。脱輪したタイヤの数と時間帯によって料金が左右されるのです。

 

これに加えて、高速料金も加算されます。
(なお、ここでいう「夜間」は20時~翌朝8時までを指します)

 

ただ、特殊な技術や作業が必要となる場合は別途料金がかかることもあるので注意しましょう。
さらに、燃料代なども上乗せされます。

 

 

まとめ

 

脱輪をした場合、パワーのある車ならば自力で脱出することが可能なこともあります。
ジャッキと板を組み合わせて抜け出す方法もあります。人の手を借りることができるのであれば、牽引ロープや車の持ち上げという形で脱輪を解消できることもあります。

 

ただ、これらの方法は確実性には乏しいと言えます。「どんな状況下でも脱出できる」というものではないからです。

 

そこで出てくる選択肢が、「ロードサービスに頼む」という方法です。任意保険のロードサービスの場合は、基本的には無料でフォローを受けることができます。しかし条件は各会社によって違うので注意が必要です。

 

JAFの場合は、会員ならば無料でサービスが受けられます。非会員の場合は11950円~14940円がかかるため、かなり手痛い出費となってしまいます。

 

脱輪は、起こすとなかなか面倒なもの。
できるだけ慎重な運転を心がけ、トラブルを起こさないように注意したいものです。

 


自動車保険ってどこがいいの?

「各保険会社って何が違うの?」
「補償内容や特約ってどう決めたらいいの?」
「安い保険がいいけど事故対応が心配」

とどの保険がいいのか迷っているなら、まずはこちらを御覧ください。

→賢い自動車保険の選び方。もしもの時に後悔しないために




え、5万円も!?自動車保険を見直そうと思ったら

自動車保険を乗り換えようかな?

と考えているなら、まずは一括見積りをしてみましょう。


複数社を比較することによって、自分に必要な保険がわかり、しかも保険料を安くできるかもしれません。

一括見積を利用することによって、10%の人が5万円以上安くなっていますよ!


→自動車保険の一括見積はこちら(無料です)


このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク