三井住友海上自動車保険の口コミ評判。ロードサービスや事故対応は?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

GKクルマの保険ってどうなの?

東京海上日動、あいおいニッセイ同和損保に次いで、国内3位の規模を誇る損害保険会社である三井住友海上の自動車保険「GKクルマの保険」は、典型的な代理店型自動車保険です。

 

三井住友海上が自賠責も扱っていることから、ディーラーや中古車販売店で自動車販売時に斡旋していることが多く、それで契約している人も多いと思います。
また、大手ということで敢えて契約している人もいるでしょう。
そんな人たちは、自分の希望に添った補償内容になっているのでしょうか?

 

業界3位のメガ損保が提供する自動車保険「GKクルマの保険」について、利用者が実際に感じていることを見ていきましょう。

 

 

良い口コミ

 

代理店の方がとても親切に対応してくださりますので、特に不満はありません。

休日に事故を起こしてしまいましたが、いつもの代理店の方がすぐに駆けつけてくれました
修理工場の手配や相手への連絡などもすぐにやってくれて、特にもめることもなく解決。本当に頼りになります。

いろいろな補償が最初から付いていて、本当に安心できます。少し割高なのかもしれませんが、この安心感には替えられません

おクルマQQ隊というものを利用しました。
自走できない状況で途方に暮れていましたが、親切に説明してくれ代理店の担当にも連絡を入れてくれたので、帰宅交通費も保険で出してもらえました
ありがとうございます。

代理店型の面目躍如とも言うべき、代理店担当者を絶賛する口コミが並んでいます
契約時や日々の対応、事故対応など、すべてにおいて「人間関係」ができているのが見て取れます。
また、補償内容についての安心感やロードサービスの迅速な対応なども好感を得ており、「手厚さ」という部分が好まれていることが分かります。

 

 

悪い口コミ

 

自動車保険の一括見積もりをしてみて、保険料の高さに驚きました。さすがにこの差額は大きいです。

契約の時だけいい顔して、いざ事故を起こすと顔も出さずにメールや封書だけ。これでは、代理店の意味がないです。

補償が手厚いのはいいかもしれませんが、ほとんど使うことのないものばかりです。ただでさえ高いのにこんな抱き合わせ商品を買わせるなんて、ひどい話です。

安く済ませようとオプションを外すとまともに使えない。結局、高額な保険料を支払うしかない。

 

やはり、割高な保険料についての批判の口コミが目立ちます
代理店型という部分を理解すればそこまでではないのですが、人間関係ができていなければ逆効果にしかなりません。
そのため、代理店の担当者によっては割高感が増す結果になるということでしょう。

 

また、補償内容が手厚すぎるという批判や、一部事故対応などでの批判もありました。
これもまた代理店担当者の説明不足や行き違いなど、人間関係の有無による違いが大きいものと思われます。

 

 

まとめ

保険料の割高感への批判と代理店担当者への好意的な意見という、代理店型自動車保険の典型的な結果となりました。

 

保険料については、代理店型はどうしても割高になってしまうため、それをサービスでどれだけ埋められるか、というところがポイントです。
その点三井住友海上は、事故対応に対する好意的な意見が他社に比べると非常に多く、代理店型の強みでおおむね良い傾向にあると思われます。

 

「割高な保険料を払ってでも安心感を得たい」という方には、ぴったりの自動車保険と言えるでしょう。(基本プランが手厚すぎるため、多少保険についての勉強をしていた方が良いです)

 

 

 

自動車保険を選ぶときは、まずは一括見積もりをすることをおすすめします。


安さだけで選ぶのはダメですが、複数の保険を比較して、サービスが充実していてさらに保険料が安いところを選ぶのがポイントです!
一括見積もりを使えば、複数の保険を比較できるのであなたにピッタリの保険が見つかるはずですよ!


→自動車保険の一括見積はこちら




 

→【年齢・等級別】自動車保険の相場はいくら?


三井住友海上とは?

 

三井住友海上は、日本3大メガ損保の1つに数えられる大手損害保険会社で、一時期は東京海上日動に次いで業界2位の規模でしたが、あいおいニッセイ同和損保の設立とともに、現在は業界3位となっています。

 

そんな三井住友海上の自動車保険は典型的な代理店型の商品のため、ダイレクト型自動車保険に比べて保険料が割高になってしまうことで、どうしても評価が分かれてしまっています。

 

ただ、2015年のカカクコム事故対応ランキングで1位、オリコンでも同3位と非常に優秀な結果を残していることから、事故対応については保険料以上の魅力があるのかもしれません。

 

そんな三井住友海上の自動車保険「GKクルマの保険」について、まずその内容を整理しておきます。

 

 

過剰とも言える補償内容

 

三井住友海上の自動車保険「GKクルマの保険」は代理店型の保険ですので、担当者と相談しながら保険を組み立てるのが基本的な方法です。
ただ、一から保険を組み立てるのは、契約者の知識や代理店担当の習熟度に左右されやすいこともあり、「安心基本プラン」というベースプランが事前に準備されています。

 

「安心基本プラン」は「事故に遭ってしまった場合に多くのニーズに応える基本補償として、三井住友海上が勧める契約基本プラン」と謳われています。
その内容は、以下のように多数の特約がセットされている非常に手厚いものです。

 

相手への賠償 対人賠償保険、対物賠償保険、対物超過修理費用特約
けがへの補償 人身傷害保険、重度後遺障害時追加特約、搭乗者傷害(入通院/2区分)特約
車両の補償 車両保険、車両保険無過失事故特約、全損時諸費用特約
ロードサービス 運搬・搬送・引取費用特約、おクルマQQ隊
その他 他車運転特約、臨時代替自動車特約

 

実際には、この基本プランに対して、搭乗者傷害特約などの特約を付帯することになります。これだけ手厚ければ、確かに多くのニーズに応えることができるでしょう。

 

しかし、人によっては手厚すぎると感じるかもしれませんので、契約者は代理店担当者の言いなりにならず、しっかりとコミュニケーションをとって不要なものは不要と言わなければいけません。

 

もちろん、「安心基本プラン」を使うことなく、対人賠償補償、対物賠償補償、車両保険のいずれかをベースにして、保険を組み立てることも可能です。(人身傷害保険が必ずセットされます)

 

 

堅実な事故対応

 

事故受付は24時間365日対応です。
ただし、三井住友海上の営業時間外については、外部のコールセンターが対応しているらしく、品質に差が見られる可能性もあります。また、初期対応については夜間や休日も対応してくれますが、早朝や深夜は行われません。(必要であれば、自分で行う必要があります)

 

事故対応拠点は全国に178ヶ所あり、担当者がすぐに駆けつけてきてくれるという安心感を与えてくれます。
また、「技術アジャスター」や「医療アジャスター」といった、科学的、医学的に根拠のある状況分析を行うスタッフが車の損傷状況やけがの状況を分析して、事故対応の早期完了をサポートしてくれるサービスもあります。

 

他にも示談交渉サービスや「安心コール」と呼ばれる経過報告のしくみがありますので、契約者は担当者に任せておくだけで、事故対応が完了するようになっています。

 

その他にも、入院中の契約者が希望すれば、病院に出向いて希望を聞く「入院まごころ訪問」や弁護士を紹介してもらえる「紹介ネットワーク」なども提供されています。

 

以上のように、三井住友海上では、事故対応も今までの多くの実績を踏まえた手厚い対応が準備されています。これが事故対応ランキング1位を獲得する根拠となっているのでしょう。

 

 

充実しているがオプションになっているロードサービス

 

三井住友海上のロードサービス「おクルマQQ隊」は、以下のようにスタンダードなもので、大きな特徴と言えるものはありません。
しかし、もっとも重要な点は、このロードサービスがオプションになっているということです。

 

「おクルマQQ隊」は、「運搬・搬送・引取費用特約」を付帯した場合にのみ、利用できるのです。(「安心基本プラン」には含まれています)

サービス拠点 全国に約4,300ヶ所
レッカー牽引 500kmまで無料(運搬・搬送・引取費用特約を使用しない場合は15kmまで無料)
事故時の帰宅費用無料 搭乗者全員分、20,000円/1名まで
事故時の宿泊費用無料 搭乗者全員分、10,000円/1名1泊まで
現場での応急修理無料 30分程度まで無料
ガス欠時のガソリン補給 年に1回、10リットルまで無料。

 

レッカー牽引が500kmまで無料というのは、他社とは桁が違う距離です。

 

しかし、他社の場合は提携工場までは距離に関係なく無料の場合が多いですし、この距離は「運搬・搬送・引取費用特約」を利用した場合だけです。
それらの点を考慮すれば、特別良いサービスとも言い切れません。
その他の点についても、可もなく不可もなくで、オプションであるというマイナスな印象の方が強く感じます

 

 

割高な保険料

 

そもそも代理店型の自動車保険は、人件費などがかかる分、保険料が高くなってしまいます。しかしそれを考慮しても、基本補償が過剰気味な点やロードサービスがオプションである点など、ダイレクト型の自動車保険に比べると、保険料を上乗せされているという印象があります。

 

割引としては、ゴールド免許割引や長期優良割引、運転者限定割引、新車割引などが用意はされていますが、割高感を払拭することはできないでしょう。

 

なるべく保険料を安くしたいなら、ダイレクト型を選ぶべきで三井住友海上は向いていないでしょう。
そこまで安くなくていいから、もしものための備えをしておきたい!という方は、三井住友海上を候補に入れてもいいでしょう。

 

 

自動車保険ってどこがいいの?

「各保険会社って何が違うの?」
「補償内容や特約ってどう決めたらいいの?」
「安い保険がいいけど事故対応が心配」

とどの保険がいいのか迷っているなら、まずはこちらを御覧ください。

→賢い自動車保険の選び方。もしもの時に後悔しないために




え、5万円も!?自動車保険を見直そうと思ったら

自動車保険を乗り換えようかな?

と考えているなら、まずは一括見積りをしてみましょう。


複数社を比較することによって、自分に必要な保険がわかり、しかも保険料を安くできるかもしれません。

一括見積を利用することによって、10%の人が5万円以上安くなっていますよ!


→自動車保険の一括見積はこちら(無料です)


このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク


関連ページ

代理店型自動車保険の一覧とおすすめランキング
ダイレクト型自動車保険の一覧とおすすめランキング
事故対応の評判がいい自動車保険はどこ?自動車保険ランキング
ソニー損保の口コミと評判。事故対応とロードサービスはどう?
SBI損保自動車保険の口コミ|事故対応がひどすぎるって本当?
全労済マイカー共済の評判。安いけど事故対応やロードサービスはどう?
エース損害保険 自動車保険の口コミと評判
JA共済自動車保険の口コミと評判。事故対応やロードサービスはどう?
セコム損保自動車保険の口コミと評判ってどうなの?
セゾンおとなの自動車保険の口コミと評判はどうだろう?
共栄火災自動車保険って高いの?口コミと評判まとめ
AIU自動車保険の口コミと評判は?見積もりを取る前にチェック
あいおい損保自動車保険の口コミ評判は?見積もりを取る前に!
アクサダイレクト自動車保険の評判。ロードサービスや事故対応はどう?
イーデザイン損保の口コミと評判。事故対応やロードサービスはどう?
チューリッヒ自動車保険の口コミ評判。事故対応やロードサービスは?
三井ダイレクト損保自動車保険の口コミと評判はどう?
そんぽ24自動車保険の口コミはどう?ロードサービスや事故対応
損保ジャパン日本興亜自動車保険の評判。ロードサービスや事故対応はどう?
東京海上日動自動車保険の評判。事故対応やロードサービスはどう?
日新火災海上保険自動車保険の評判。ロードサービスや自己対応はどう?