東京海上日動自動車保険の評判。事故対応やロードサービスはどう?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

東京海上日動自動車保険の口コミが気になる!

 

国内首位という不動の地位を誇る損害保険会社である東京海上日動が提供している自動車保険「トータルアシスト自動車保険」は、代理店型自動車保険の中でも特に手厚い保障があると言われています。

 

実際、どんな点で手厚い保障があり、実際に使っている人からはどんな評価を得ているのでしょうか?

 

規模の大きさや会社に対する信用度から契約している人が多いと思われる東京海上日動ですが、実際に使った感想などの口コミを見てみましょう。

 

良い口コミ

 

契約するときに一つ一つ丁寧に説明してもらい、分かりやすかったです。

事故対応が早いです。ほとんど相手と関わることなく処理していただけました。

初めての事故がもらい事故だったので困りましたが、いろいろな相談に乗ってもらえて助かりました。
とても親身に対応いただき、事故対応も素早くそしてわかりやすく説明していただけました。

補償内容が本当に手厚くて、安心感があります。今はダイレクト保険が安くて人気がありますが、やっぱりもしもの時を考えたら東京海上から乗り換えする気が起こりません。

 

代理店担当者の親切で信頼のおける対応や、補償の手厚さに対する好意的な口コミが多く見られました。
東京海上日動を選ぶ人の多くが、「信頼」と「安心感」、「手厚い保障」を望んでいる傾向が高い結果です。

 

 

悪い口コミ

 

事故対応を任せてはいけません。相手を怒らせることしかしません。

天下の東京海上日動らしく、上から目線の対応をされて、本当に腹が立ちます。

事故を起こして代理店に電話しましたが、電話に出ません。留守電すら設定していない体たらく。

電話対応が最悪でした。こちらは事故を起こして困っているのに、明らかに面倒くさそうな声音で用件だけ聞いておしまい。初期対応もきちんとできておらず、全部自分でやりました。お金を返して欲しいです。

 

保険料が割高な点についての批判が思いの外なかったのは、「保険料が高い」ことを分かった上で契約しているという方が多いということでしょう。

 

その代わりのように、代理店や事故対応の担当者、電話対応などへの批判が大半になっています。
そもそも、事故対応や代理店の担当者の対応については、「信頼」「安心」の要です。
「それらを求めて高いお金を払っている」という意識があるため、ダイレクト型自動車保険であれば「安いから仕方ない」と思うようなちょっとした不満についても、悪い評価がついているように思われます。

 

 

まとめ

 

なぜ、東京海上日動がその規模や契約者数の割にランキングに入ることがあまりないのか、ということがよく分かる結果となりました。

 

それは、東京海上日動で契約する方の多くが求める、高水準な「信頼」と「安心」を、すべての代理店や事故担当者が実現しきれていない、というところに尽きるでしょう。
そのため、手厚い補償の魅力が伝わりきれず、逆にそれらの補償が「無駄に手厚くて保険料をつり上げている」というマイナスの印象を抱かせてしまう結果となっているのです。

 

しかし、好意的な口コミの大半は、事故対応や代理店に対する口コミで、かつその数も非常に多くなっています。
なので担当者の質が一概に悪いわけでもないということが分かります。
おそらく、「国内最大手の損害保険会社」に対する契約者の理想が高すぎるための誤解や行き違いでの批判も多いのではないでしょうか。

 

代理店型自動車保険は、代理店によって印象が全然違ってくるものです。
そのため、まずは自分に合った代理店を見つけることが重要です。そうすれば、そもそも基本的なスペックが高い東京海上日動の自動車保険で、後悔することはないでしょう。

 

 

実は僕は東京海上日動の自動車保険に加入しています。
一時期担当さんに「自動車保険をダイレクト保険に変えようと思っています」と相談したところ「事実うちの保険料は高いです。安くしたいならダイレクト保険もいいと思いますよ。」と正直に話していただきました。
いろいろ検討した結果、乗り換えるのはやめました。

 

契約更新時に家に来て丁寧に説明してくれるのですが、逆にそれがちょっと面倒でもあります。
ただ、事故を起こした時や車をぶつけてしまった時の対応は本当に素晴らしいです。
また、ロードサービスも充実していて、同じ月に2回のバッテリー上がりを起こしたのですが早急に対応いただけました。
JAfに比べるとちょっとロードサービスは心もとないですが、そこまで利用頻度はないので問題にはなっていません。

 

 

 

自動車保険を選ぶときは、まずは一括見積もりをすることをおすすめします。


安さだけで選ぶのはダメですが、複数の保険を比較して、サービスが充実していてさらに保険料が安いところを選ぶのがポイントです!
一括見積もりを使えば、複数の保険を比較できるのであなたにピッタリの保険が見つかるはずですよ!


→自動車保険の一括見積はこちら





東京海上日動の自動車保険の特徴は?

 

東京海上日動は、2004年に東京海上火災保険と日動火災海上保険が合併してできた損害保険会社です。
そもそもの東京海上火災保険が日本の損害保険業界を引っ張ってきた老舗の損害保険会社だったこともあり、自動車保険としても国内最大手、契約台数1,200万台を超える圧倒的なシェアを誇っています。

 

しかし、自動車保険の各種ランキングにはそれほど多く顔を出しているわけではありません。
なぜこれだけのシェアがあるにもかかわらずランキングに載ることがあまりないのでしょうか?

 

まずは、東京海上日動の自動車保険「トータルアシスト自動車保険」について、その補償内容などの特徴を見ていきましょう。

 

 

手厚い補償内容

 

東京海上日動の自動車保険「トータルアシスト自動車保険」は以下の3つの基本補償と、3つの基本特約をベースに、その他の特約を付帯するなどして組み立てていきます。

 

基本補償+基本特約

賠償に関する補償

対人賠償責任保険、対物賠償責任保険、対物超過修理費特約+弁護士費用特約

 

ご自身の補償

人身傷害保険、人身傷害の他社搭乗中および車外自動車事故補償特約 + 入院時選べるアシスト特約

 

車の補償

車両保険、車両全損時諸費用補償特約+車両搬送費用補償特約およびサービス、レンタカー費用等選べる特約

 

 

このベースだけでも以下に紹介する2つのように手厚い特約が付帯していますので、多くの人はこれだけでも十分かもしれません。

 

 

弁護士費用特約

 

保険会社に示談交渉を代行してもらえない「もらい事故」の場合に利用する弁護士費用などを300万円まで補償してもらえます。

 

入院時選べるアシスト特約

事故で3日以上入院した場合の差額ベッド代や家事代行サービス代金などの中から必要なサービスを補償してもらえます。

 

 

ただし、特約の中にはオプションも含まれていることから、これはあくまでも推奨プランです。
つまり、実際はこのプランをベースに特約を付帯したり外したりして、自分に合った保険を組み立てていくというわけです。

 

東京海上日動の自動車保険は代理店型ですので、よく分からない特約などはその場で説明してもらえますので、理解して納得しながら自分に合った保険を組み立てていきましょう。

 

 

堅実な事故対応

 

24時間365日事故受付は当然ですが、その後の初期対応や電話などでの相談も受け付けており、いざというときに頼ることができる体制が整えられています。(「事故現場アシスト」という自動セットサービスです)

 

損害サービス拠点は全国243ヶ所、スタッフは約10,500名、顧問医約100名、弁護士約490名、税理士/会計士が52名という豊富なリソースと、長い歴史で培われた実績とノウハウがありますので、東京海上日動の事故対応については一定の安心感があるでしょう。

 

 

最低限のロードサービス

 

すべての契約に自動セットされる「車両搬送費用補償特約およびサービス」で提供されるものが、ロードサービスにあたります。
内容を確認してみましょう。

 

レッカー牽引   15万円分の距離まで無料
現場での応急修理無料   30分程度まで無料
ガス欠時のガソリン補給   年に1回。10リットルまで無料。

 

また、「レンタカー費用等選べる特約」を付帯することで、以下のサービスを受けることができます。

 

修理後の納車または引取交通費 100,000円まで
事故時の代替交通費用 50,000円まで(タクシーの場合は1万円まで)
レンタカー費用 代車としてのレンタカーを15日まで

 

特約を付帯したとしても、他社のロードサービスに比べると少し物足りないものです。
滅多に使うものではないかもしれませんが、残念な結果となりました。

 

なお、「トータルアシスト自動車保険」には、「事故防止アシスト」と「メディカルアシスト」というサービスが自動付帯しています。

 

「事故防止アシスト」は情報提供サイトのことで、事故多発地帯の情報や災害危険度マップ、災害時の対策などをまとめて確認することができるコンテンツが配信されています。

 

「メディカルアシスト」は、医療相談や健康相談、医療機関の案内、患者移送の特殊車両の手配などを行ってくれるサービスで、ちょっとしたセカンドオピニオンにも活用できるでしょう。

 

これら付加サービスについては、活用すればたいへん役に立つものでしょう。
しかし、基本となるロードサービスの貧弱さを補えるものではありません。

 

自動車保険ってどこがいいの?

「各保険会社って何が違うの?」
「補償内容や特約ってどう決めたらいいの?」
「安い保険がいいけど事故対応が心配」

とどの保険がいいのか迷っているなら、まずはこちらを御覧ください。

→賢い自動車保険の選び方。もしもの時に後悔しないために




え、5万円も!?自動車保険を見直そうと思ったら

自動車保険を乗り換えようかな?

と考えているなら、まずは一括見積りをしてみましょう。


複数社を比較することによって、自分に必要な保険がわかり、しかも保険料を安くできるかもしれません。

一括見積を利用することによって、10%の人が5万円以上安くなっていますよ!


→自動車保険の一括見積はこちら(無料です)


このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク


関連ページ

代理店型自動車保険の一覧とおすすめランキング
ダイレクト型自動車保険の一覧とおすすめランキング
エース損害保険 自動車保険の口コミと評判
JA共済自動車保険の口コミと評判。事故対応やロードサービスはどう?
セコム損保自動車保険の口コミと評判ってどうなの?
セゾンおとなの自動車保険の口コミと評判はどうだろう?
共栄火災自動車保険って高いの?口コミと評判まとめ
AIU自動車保険の口コミと評判は?見積もりを取る前にチェック
SBI損保自動車保険の口コミ|事故対応がひどすぎるって本当?
あいおい損保自動車保険の口コミ評判は?見積もりを取る前に!
アクサダイレクト自動車保険の評判。ロードサービスや事故対応はどう?
イーデザイン損保の口コミと評判。事故対応やロードサービスはどう?
ソニー損保の口コミと評判。事故対応とロードサービスはどう?
チューリッヒ自動車保険の口コミ評判。事故対応やロードサービスは?
三井ダイレクト損保自動車保険の口コミと評判はどう?
三井住友海上自動車保険の口コミ評判。ロードサービスや事故対応は?
全労済自動車保険の評判。安いけど事故対応やロードサービスはどう?
そんぽ24自動車保険の口コミはどう?ロードサービスや事故対応
損保ジャパン日本興亜自動車保険の評判。ロードサービスや事故対応はどう?
日新火災海上保険自動車保険の評判。ロードサービスや自己対応はどう?