個人賠償責任特約とは。補償されるケースや料金まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

個人賠償責任特約とは?

入っておくと安心な自動車保険。さらに充実した補償のために、たくさんのオプション=特約があります。

 

その一つ「個人賠償責任特約」は、車以外の日常生活に関わる事故を補償するという、オールマイティーな内容が魅力
しかも、本人だけでなく、家族全員の分が補償されるといううれしい話も!
いったいどんな補償が受けられるのしょうか? 

 

どんな時にどのくらいまで補償してくれるのか、また、入った方がいいか、入らなくてもいいか、も含めてわかりやすく解説します。

 

 

個人賠償責任特約が適応されるケース

 

  • 家族が自転車で人にぶつかってケガをさせてしまった。
  • 飼っている犬が人を噛んでケガをさせてしまった。
  • 家族が買い物中にあやまって商品を壊してしまった。
  • スキーやゴルフ中に他の人にケガをさせてしまった。
  • 洗濯機の排水ホースが外れて、下の階に水漏れしてしまった。
  • パーティーの席で、料理を落として人のドレスを汚してしまった。
  • 子供がボールで遊んでいて、近くの家の窓ガラスを割ってしまった。

 

驚くかもしれませんが、こんな、ケースはすべて補償の対象となります。

 

自動車事故以外の日常生活の中で、他人にケガをさせたり、物を壊してしまった時に発生した損害賠償を補償してくれるのが、この特約です。

 

なお、多くの保険会社は「日本国内限定」です。

 

対象になるのは

  • 本人
  • 配偶者
  • 同居の親族
  • 仕送りしている学生など、生計を一緒にする別居で未婚の子供

 

生計を共にする家族全員が対象になります。

 

いつ何が起きるか分からない時代、家族のだれか一人が加入することで、家族全員の事故が対象になるというのは、大きなメリット。

 

 

家族の誰か一人が入っていればいいので、夫婦で重複して加入する必要はありません。
可能性がある人は、この機会にチェックしてください。

 

 

一番役に立つのはどんな時?

 

個人賠償責任特約の補償で、今もっとも注目されているのは、「自転車の事故」。

 

平成25年の自転車の交通事故件数は12万件を越えました
中でも自転車と歩行者の事故は深刻で、歩行者を死亡させたり、重度の障害が残るケガを負わせるケースもあり、早期の対策が求められているところです。

 

正直に言って、自転車に乗る人はいつ加害者になってもおかしくありません。
自分は大丈夫でも家族が自転車事故を起こす可能性だってあります。人ごとではありません。

 

 

自動車保険の特約として加入できる「個人賠償責任特約」は、家族全員が対象になるため、小さな子供が自転車で誰かにケガをさせてしまった時など、目の届かない時に起きた事故にも対処できます。

 

 

「示談サービスつき」というのも、心強いところ。
入っていれば、ひとまず安心ですが、補償金額は「無制限」と「最高1億円」の保険会社があるので、そこは念のため確認しておいた方がいいいでしょう。

 

 

自動車保険を選ぶときは、まずは一括見積もりをすることをおすすめします。


安さだけで選ぶのはダメですが、複数の保険を比較して、サービスが充実していてさらに保険料が安いところを選ぶのがポイントです!
一括見積もりを使えば、複数の保険を比較できるのであなたにピッタリの保険が見つかるはずですよ!


→自動車保険の一括見積はこちら




 

 

火災保険や障害保険にもあるので重複に注意!

 

個人賠償責任特約は、自動車保険だけでなく、「火災保険」や「傷害保険」の特約としても付けることができます。
あくまでも特約なので、自動車保険を解約すると、同時に解約になってしまいます。
ただし、車に乗らなくなった人でも、個人賠償責任特約を付けたい場合は、他の保険の特約を利用すれば、補償を受けられるので、ご安心を。

 

また、個人賠償責任特約は、充実した補償内容のわりに保険料が安いので、「入ったつもりはないのに、入っていた!」というケースが多く見受けられます。
加入時に説明を受けて入ったものの、忘れていた。という場合です。

 

いろいろなシーンで使えるので、入っているか、今一度確認しておきましょう。
また、知らないうちに「夫婦で重複して入っていた!」「火災保険と自動車保険で両方入っていた」ということもあります。掛け金がもったいないので、こちらも合わせて確認しておきましょう。

 

 

自転車傷害特約とセットで、一層安心

 

「自転車に乗っていて、他の人にケガをさせてしまった」というのは、個人賠償責任特約でカバーできます。

 

では、「自転車事故で自分や家族がケガをさせられてしまった」場合の補償は?と不安になりますね。

 

これは、「自転車傷害特約」をセットで利用すればOK。

 

自転車に関して言えば、加害者、被害者、両方を想定した備えをしておきたいものです。

 

 

価格はいくら?

自動車保険の特約として付ける場合の料金は、年額1,500円程度ですが、契約内容によっても金額が替わるので、保険会社に確認しましょう。

 

また、同じ様な内容の補償でも、火災保険の傷害保険の個人賠償責任特約に加入の場合、保証金額年間1,200円程度。
傷害保険の個人賠償責任特約に加入すると年間6,000円〜14,000円程度、さらに、クレジットカードに付帯形であれば、年額1,400円程度。

 

 

自動車保険の個人賠償責任特約は、ほとんどが保証金額無制限ですが、ほかのものは、最高額1億円、プラス料金で2億円、3億円というプラン設定がある場合があります。
内容と合わせて確認しましょう。

 

保険法改定によって、「個人賠償責任特約」のほかに「個人賠償責任補償」「日常生活賠償責任補償」など、同じ様な内容で違った呼び方とする場合があるので、こちらも覚えておいてください。

 

「入っているのに、忘れていて使わなかった」というのは、本当にもったいない。

 

複数の保険に入っている人は、万が一の時に、意識しやすい保険とセットにしておくといいかもしれません。

 

 

入らなくていい人ってどんな人?

 

個人賠償責任特約は、日常生活で身近にあるトラブルを、自分はもちろん、家族の分まで広くカバーしてくれる強い味方。
損害事故が起きたときに「慰謝料をよこせ!」と言われ、また、損害賠償責任を負わなければならなくなった時にこれほど頼れる補償はありません。

 

入らなくていい人はいないと言っていいでしょう。

 

自転車事故に特化した保険は義務化されていないため、1億円の高額賠償が命じられて自己破産なんてケースも少なくはありません。ましてや、自分の子供が起こした事故で…ということもありえます。

 

少しの金額で、幅広く、家族全員の損害賠償のリスク回避ができるので、まず、自分が入っているかを確認し、入っていなければ、加入の検討をお勧めします。

 

 

 

 

まとめ

「個人賠償責任特約」が使える幅の広さは、驚くほど。あんなこともこんなことも、自分のライフスタイルに照らし合わせて考えると、可能性はゼロではありません。

 

特に、近年の自転車事故における損害賠償に関するたくさんのケースは、あまりにも身近すぎて、保険に入った方がいいのでは?と思いつつも、どの保険に入ったらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。
そんな時に少しのお金でカバー力絶大な補償が受けられるのがコレ。

 

水漏れから、商品の破損、レジャーで他の人にケガをさせてしまったケースまで、家族全員の分まで補償してくれるというのも心強いところ。

 

この特約をもし知らない人がいたら教えて上げてください。

 

 

もちろん私も加入しています。
子供が3人いるので、どこで何をしでかすかわかりませんからね・・・。
幸いまだ使ったことはありませんが、料金も安いですからつけておいたほうが安心ですね。

自動車保険ってどこがいいの?

「各保険会社って何が違うの?」
「補償内容や特約ってどう決めたらいいの?」
「安い保険がいいけど事故対応が心配」

とどの保険がいいのか迷っているなら、まずはこちらを御覧ください。

→賢い自動車保険の選び方。もしもの時に後悔しないために




え、5万円も!?自動車保険を見直そうと思ったら

自動車保険を乗り換えようかな?

と考えているなら、まずは一括見積りをしてみましょう。


複数社を比較することによって、自分に必要な保険がわかり、しかも保険料を安くできるかもしれません。

一括見積を利用することによって、10%の人が5万円以上安くなっていますよ!


→自動車保険の一括見積はこちら(無料です)


このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク