そんぽ24自動車保険の口コミはどう?ロードサービスや事故対応

このエントリーをはてなブックマークに追加 

そんぽ24って実際どうなの?口コミまとめました

ハナコアラの鼻が実は電話だったというCMのインパクトが強かった「そんぽ24」は、損保ジャパン日本興亜グループの損害保険会社です。

 

損保ジャパン日本興亜グループのリソースやネットワークを活用できる「そんぽ24」のダイレクト型自動車保険の特徴は、どんなところにあるのでしょうか?
また、口コミや評判などから、具体的にどんなところが良いのかを探っていきます。

 

 

良い口コミ

事故受付の対応が非常に良かった。担当の人も親切で助かりました。

田舎道でガス欠になった時に利用しました。すぐにガソリンを持ってきてくれました。

よく分からないことがあって問い合わせましたが、とても丁寧に説明してくれました。

けっこう割高だと聞いていましたが、いろいろな割引が効いて結局一番安かったです。

受付対応が丁寧で親切だったという口コミが多く見られました。
日本興亜損保のコールセンターで対応しているようですので、そのスタッフのレベルの高さがうかがえます。
また、ロードサービスについても同じく日本興亜損保の全国ネットワークの強みが効いており、非常に好評です。

 

つまり、「そんぽ24」という名前ではありますが、窓口だけが「そんぽ24」であり、ロードサービスや事故対応の実質は日本興亜損保ということになります。その点を考慮すると「割安だ」という口コミが見られるのも理解できるでしょう。

 

 

悪い口コミ

 

ロードサービスは不要でしたので、付けずに安くできれば良かったです。

ダイレクト型なのにすごく高い。契約する気になりません。

所詮は子会社なので、ロードサービスはすべて後回しにされている気がします。呼んだ時期が悪かったですが、非常に遅かったです。

事故対応してくれている人の対応が事務的すぎます。やっぱり日本興亜で契約していないからでしょうか。

 

ダイレクト自動車保険なのに高い!という声が多くありました。どうしてもその他の格安ダイレクト自動車保険外車の保険料と比較されがちです。
上述していますが、「分かりやすさ」と「手厚さ」を考慮し、コストパフォーマンスを考えるとそう高くもありません。

 

また、事故対応やロードサービスについて、後回しにされていたり、おざなりに対応されたりしたという口コミも多くありました。
もちろん、受け付ける側でそんな選別をして優先順位を変えるほうが手間ですので、時期やタイミング的に遅くなっただけだと思われます。
しかし、事故受付などを日本興亜損保に一任している点を知っている利用者にしてみたらそう感じても仕方がないかもしれません。

 

 

まとめ

 

最近はCMなどもなくなって露出が減っているせいか、認知度が下がってきています。
それに加えて、ロードサービスに時間がかかった原因が「子会社だから後回しにされている」と誤解されている口コミも多く、少しマイナスのイメージがついている感じがあります。

 

また、「そんぽ24」の保険料がコストパフォーマンスであり絶対的な金額ではないということへの理解がないため、「ダイレクト型なのに割高」という一定の見解が生まれているようです。

 

しかし、事故対応やロードサービスの品質は高いもので、特に受付での丁寧な対応などが口コミでは高く評価されているのは事実です。
また、保険料についても、割引項目などを考慮すると実は一番安くなったという口コミもありますので、利用者の目的や重視するポイントによって、評価が分かれているのでしょう。

 

結果的に、自分で保険を組み立てて金額を重視する方ではなければ、簡単にコストパフォーマンスの高い保険を選ぶことができる「そんぽ24」は、見積もりを取る対象とすべき自動車保険と考えて良いでしょう。

 

 

自動車保険を選ぶときは、まずは一括見積もりをすることをおすすめします。


安さだけで選ぶのはダメですが、複数の保険を比較して、サービスが充実していてさらに保険料が安いところを選ぶのがポイントです!
一括見積もりを使えば、複数の保険を比較できるのであなたにピッタリの保険が見つかるはずですよ!


→自動車保険の一括見積はこちら




 

→【年齢・等級別】自動車保険の相場はいくら?


そんぽ24の自動車保険の特徴は?

 

損保ジャパン日本興亜グループの損害保険会社である「そんぽ24」は、ダイレクト型の自動車保険を販売しています。

 

ハナコアラのCMで有名になりましたが、最近はあまり広告をうっていないためか、知名度はそれほど高くない状態です。
しかし、一部の満足度ランキングでTOP10入りしていることからも、その実力はなかなかなものだということがうかがえます。

 

実際、補償内容は一般的に満足できるもので、穴のないしっかりしたものです。
ただし、穴をなくそうとしている分、カスタマイズ性が犠牲になっており、結果的に保険料も他社に比べると割高な金額になっています。
しかしその金額については、「補償内容を充実させた上で、その内容にしては割安な保険料」という、コストパフォーマンスを重視したものだと考えれば、それほど割高ではありません。

 

また、「そんぽ24」は日本三大メガ損保のグループ会社ですので、その補償内容には特筆すべき特徴が幾つかあります。

 

 

日本三大メガ損保のロードサービス

 

ロードサービスについては、損保ジャパン日本興亜グループの強みを生かして、親会社のリソースをフル活用した手厚いものです。

 

すべてのプランに自動でセットされているロードサービスは、以下のような内容になっています。

 

サービス拠点   全国に9500ヶ所
提携修理工場   全国に800ヶ所
レッカー牽引   100kmまで無料(提携修理工場までは距離によらず無料)
宿泊・帰宅費用   宿泊(1泊まで)・帰宅費用の上限なし。宿泊施設までのタクシー代も対象
その他   GPS現在位置特定サービスあり

 

この内容は、ダイレクト型自動車保険の中ではトップレベルですので、ランキング上位になることもうなずけるものでしょう。

 

 

安心の事故対応

 

事故受付のコールセンターや担当者などはすべて日本興亜損保で請け負っているようで、全国240ヶ所の保険金サービス拠点の中からもっとも近い拠点の担当者を選任してくれます。

 

そんな「そんぽ24」の事故対応について注目すべきなのは、以下の点となります。

 

 

24時間365日事故受付、初期対応は原則即日、遅くとも翌日実施

 

緊急時の事故受付後、当日中に初期対応(相手への連絡、医療機関や修理工場への連絡、代車の手配など)を行ってくれます。(19時までに事故受付が必要です。以降は翌日対応となります)

 

初期対応の代行は他社でも対応していることも多いです。しかしそのスピードは各社、担当者によってばらつきがあります。
会社として緊急時に当日か翌日に初期対応を代行すると明言しているというのは、普段からの安心感につながります。

 

 

経過情報提供サービス

 

保険会社の悪い口コミの中に多い「連絡が全くない」「こちらから連絡しないと状況が見えない」などの事故対応状況の連絡漏れや報告ミスは、電話を使っている限りタイミングや時間的な制約が多く、完全になくすことは難しいでしょう。
「そんぽ24」では事故対応の経過情報をWebサイトから確認できるようにすることで、その点をカバーしています。

 

 

分かりやすい補償内容

 

「そんぽ24」では、以下の3つのプランから補償内容を選ぶ形になっています。

 

「フルセットプラン」  主要な保険が付いてくるプラン
「バリュープラン」  フルセットプランから搭乗者傷害を外したプラン
「スタンダードプラン」  バリュープランから人身傷害を外したプラン

 

傷害保険をどの程度重視するか、という1点のみで選択できるため、ダイレクト型でよくある「保険をどう組み立てれば良いか分からない」といった戸惑いとは無縁とも言えるでしょう。

 

実際にはこれらに特約を付けていきます。その特約も7種類となっていますので、それほど悩むことなく自分の保険を組み立てられると思います。(他車運転危険補償特約は自動セットされます)

 

 

コストパフォーマンスの良い保険料

 

「そんぽ24」の保険料は、他のダイレクト型自動車保険と比べると、金額的には割高感があります。しかしそれは、漏れのない補償を重視したプラン制を敷いた影響が大きいのです。

 

自分の必要な補償を理解して、自分で保険を組み立てることのできる利用者からすれば、確かに無駄な補償やオプションがあって割高に感じるかもしれません。
しかし多くの利用者は自分のニーズがはっきりと分かっているわけではありません。
そんな普通の利用者にとっては、「そんぽ24」の各プランが、それほど高いわけではないということが分かるでしょう。

 

また、「そんぽ24」でも割引項目がありますので、これらに該当すれば、補償内容に比べて割安という結果になると思います。

 

インターネット割引

新規契約時は10%OFF。更新時も10%OFF(インターネット割引7%+継続割引3%)

 

長期有料契約割引

20等級での新規契約の場合と、20等級での継続契約で前契約期間中(1年以上)に保険適用する事故がなかった場合、割引が適用されます。

 

継続お早め割引

保険満期日の30日前までに継続手続きをした場合、500円割引されます。

 

証券省略割引

保険証券不発行(Webサイトでの確認)とした場合に、500円割引されます。

 

自動車保険ってどこがいいの?

「各保険会社って何が違うの?」
「補償内容や特約ってどう決めたらいいの?」
「安い保険がいいけど事故対応が心配」

とどの保険がいいのか迷っているなら、まずはこちらを御覧ください。

→賢い自動車保険の選び方。もしもの時に後悔しないために




え、5万円も!?自動車保険を見直そうと思ったら

自動車保険を乗り換えようかな?

と考えているなら、まずは一括見積りをしてみましょう。


複数社を比較することによって、自分に必要な保険がわかり、しかも保険料を安くできるかもしれません。

一括見積を利用することによって、10%の人が5万円以上安くなっていますよ!


→自動車保険の一括見積はこちら(無料です)


このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク


関連ページ

代理店型自動車保険の一覧とおすすめランキング
ダイレクト型自動車保険の一覧とおすすめランキング
事故対応の評判がいい自動車保険はどこ?自動車保険ランキング
ソニー損保の口コミと評判。事故対応とロードサービスはどう?
SBI損保自動車保険の口コミ|事故対応がひどすぎるって本当?
全労済マイカー共済の評判。安いけど事故対応やロードサービスはどう?
エース損害保険 自動車保険の口コミと評判
JA共済自動車保険の口コミと評判。事故対応やロードサービスはどう?
セコム損保自動車保険の口コミと評判ってどうなの?
セゾンおとなの自動車保険の口コミと評判はどうだろう?
共栄火災自動車保険って高いの?口コミと評判まとめ
AIU自動車保険の口コミと評判は?見積もりを取る前にチェック
あいおい損保自動車保険の口コミ評判は?見積もりを取る前に!
アクサダイレクト自動車保険の評判。ロードサービスや事故対応はどう?
イーデザイン損保の口コミと評判。事故対応やロードサービスはどう?
チューリッヒ自動車保険の口コミ評判。事故対応やロードサービスは?
三井ダイレクト損保自動車保険の口コミと評判はどう?
三井住友海上自動車保険の口コミ評判。ロードサービスや事故対応は?
損保ジャパン日本興亜自動車保険の評判。ロードサービスや事故対応はどう?
東京海上日動自動車保険の評判。事故対応やロードサービスはどう?
日新火災海上保険自動車保険の評判。ロードサービスや自己対応はどう?