シートベルト警告音を解除する方法。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

シートベルトの警告音を解除する方法

 

「ピーピーうるさいな!敷地内なんだから良いじゃないか!?」

 

とついつい車に文句を言いたくなりますよね。

 

 

現在の車はシートベルトを着用せずに走行すると警告音が鳴ります。

 

ただ、私有地内を数メートル移動する時など警告音が解除したくなることもあるでしょう。

 

どうすればシートベルト警告音を解除できるのか紹介します。

 

トヨタ・ダイハツの場合

 

トヨタ・ダイハツの車であれば同じ操作で解除が可能です。

 

 

1.キーをONにしてメーターをオドメーターにします。

 

 

2,キーをOFFにし、もう1度キーをONにしたらその状態でオドメーターのつまみを長押ししましょう。10秒以上が目安です。

 

 

3,長押ししたままシートベルトを着用します。
  ここまでの操作が上手くいっていればメーターにb-onと表示されるはずです。

 

 

4,「b-on」表示を確認したらもう1度メーターのつまみを押しましょう。

 

 

5,すると今度はb-offと表示されます。

 

 

6,この状態でキーをOFFにすると警告音を解除できます。

 

少し面倒な手順を踏まなければいけませんが、駐車場などでわずかな移動をする時はこの方法を使うと警告音を解除できて便利です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

他メーカーは?

 

トヨタ・ダイハツ車であれば上記の方法で解除できるわけですが、それ以外のメーカーならどうすればいいのでしょうか。

 

残念ながら他メーカーについてはトヨタやダイハツのように特定の操作で警告音を解除することはできません。

 

そもそも警告音はシートベルト着用を忘れないように発するものでいわば安全確保の機能です。

 

そのため原則として解除することは念頭に置いていないのです。

 

状況によってはシートベルトをせずに運転したいケースもありますが、シートベルトさえしていれば警告音は鳴らないので面倒でも必ずシートベルトを装着する癖を付けることの方が大切でしょう。

 

トヨタとダイハツにしても手順の複雑な操作をしなければ解除できませんし、基本的に解除はしないと考えるべきではないでしょうか。

 

 

シートベルトキャンセラーの活用

 

実はトヨタとダイハツ以外のメーカーでも警告音を解除することは可能です。

 

そこで活用されるのがシートベルトキャンセラーです。

 

 

シートベルトキャンセラーはシートベルトのバックル部分だけの構造になっていて、これを差し込むことでシートベルトをした状態と同じになります。

 

当然警告音も鳴りません。

 

機能そのものを解除するのではなく、警告音が鳴る状態にしないわけです。

 

 

どうしても警告音を解除したい場合はネット通販などでシートベルトキャンセラーを購入するのがいいでしょう。

 

これなら車種に限らず解除可能です。

 

ただ、個人的にはあまりおすすめできません。

 

私有地アドの敷地内での移動ならちょっと我慢すればいいだけです。
長時間のるなら、シートベルトは必ず装着するようにしましょう。

 

あなたの命を守ってくれる大切な装置だとういことは忘れずに!

 

 

警告音の解除は自宅の車庫に入れる場合や、私有地内でわずかに車を動かすだけという状況に限定しましょう。

 

シートベルトの着用は義務ですから公道で解除して走るのは絶対に避けるべきです。

 

自動車保険ってどこがいいの?

「各保険会社って何が違うの?」
「補償内容や特約ってどう決めたらいいの?」
「安い保険がいいけど事故対応が心配」

とどの保険がいいのか迷っているなら、まずはこちらを御覧ください。

→賢い自動車保険の選び方。もしもの時に後悔しないために




え、5万円も!?自動車保険を見直そうと思ったら

自動車保険を乗り換えようかな?

と考えているなら、まずは一括見積りをしてみましょう。


複数社を比較することによって、自分に必要な保険がわかり、しかも保険料を安くできるかもしれません。

一括見積を利用することによって、10%の人が5万円以上安くなっていますよ!


→自動車保険の一括見積はこちら(無料です)


このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク