ロードサービスを外して保険料を安くできる?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ロードサービスいらないから安くできないの?

自動車保険の保険料を節約するために、JAFで代替可能な「ロードサービス」を外そうと考えるのは自然なことです。

 

しかし、ロードサービスを外すと「いくら節約できるのか」「そもそも外せるのか」などを知らない人のほうが多いでしょう。

 

ここでは、「外すといくら節約できるのか」、「外すことでプラスになるのか」、「外さずに使った場合にペナルティがあるのか」など、ロードサービスについて詳しく解説していきます。

 

 

任意保険の自動車保険って外せないの?

 

ロードサービスは多くの自動車保険会社で「無料」をうたっています。
「外しても保険料に変化がない」ということです。

 

つまり、多くの自動車保険ではロードサービスを外すことができないか、外しても保険料に影響がないということになります。

 

 

そもそも、ロードサービスは保険会社が保険商品として提供しているものではなく、あくまでもサービスとして提供しているものです。
そのため、保険料計算には入っていないということになっています。

 

しかし、一部の損害保険会社では、無料となっておらず、保険商品の1つとして提供しているところもあります。
それらの会社であれば、ロードサービスを外すことができるでしょう。

 

 

ロードサービスを外せる会社はどこ?

 

数多くの自動車保険の中から、ロードサービスがオプション扱いになっている保険をピックアップしました。これらの会社は、ロードサービスを外すことが可能になっています。

 

セゾン自動車火災「おとなの自動車保険」 …… 「ロードアシスタンス」
チューリッヒ「ネット専用自動車保険」 ……… 「ロードサービス費用特約」

 

 

ロードサービスを外すといくら安くなる?

 

実際には、ロードサービスを外すと保険料がどれくらい節約できるのか、という点が重要でしょう。
もしこの点がマイナスであれば、わざわざ外す意味がありません。

 

上記の2社について、ロードサービスを外した場合にどれくらい節約できるのかを見積もりを元に見てみると、おおむね年間1,000円から1,500円程度安くなるようです。

 

これが大きい金額と見るか、小さい金額と見るかは人によりますが、この2社の自動車保険であれば、1,500円程度は節約できるということになります。

 

 

外せないならJAFを解約したほうがいい?

 

自動車保険のロードサービスがあるので、JAFを解約すれば、JAFの年会費分の節約になります
確かに、ロードサービスが外せないのであれば、それが最適な節約方法でしょう。

 

しかし、JAFの解約を年会費だけで決めるのは単純すぎます。

 

確かに、自動車保険のロードサービスは、サービス内容が充実していますし、迅速に対応してくれます。
しかし、ロードサービスの適用条件を確認しておかなければ、実はサービスを受けられない場合もあるのです。

 

 

その点、JAFの場合は適用範囲が広く、JAFの会員証さえあれば対応してもらえることがほとんどです。

 

そのため、自分の保険のロードサービスがどういった条件になっているのか、自分の利用状況でその条件にあっているのかをしっかりと確認しておかなければいけません。
もし、ロードサービスの利用条件に合わない場合があるのであれば、多少経費がかかっても契約しておいたほうが、それだけで安心感を得られるでしょう。

 

 

 

自動車保険を選ぶときは、まずは一括見積もりをすることをおすすめします。


安さだけで選ぶのはダメですが、複数の保険を比較して、サービスが充実していてさらに保険料が安いところを選ぶのがポイントです!
一括見積もりを使えば、複数の保険を比較できるのであなたにピッタリの保険が見つかるはずですよ!


→自動車保険の一括見積はこちら




 

 

 

JAFとロードサービスの違い

 

JAFと自動車保険のロードサービスのもっとも大きな違いは、そのサービスが何に付帯されているかということです。

 

 

JAFは、運転免許証の取得時に加入されたほうも多いと思います。
つまり、車がなくても免許を持っている人であれば加入できます。
つまり、人に付帯するサービスです。

 

それに比べて自動車保険のロードサービスは、車両保険に付帯していることがほとんどです。
つまり、車に付帯するサービスなのです。

 

 

ということは、レンタカーや会社の車で問題が起きたとき、JAFは使えても、自分の保険のロードサービスは使えないということなんです

 

 

それ以外にも、バッテリーあがりや鍵の閉じ込め対応について、ロードサービスでは年に1回までしか無料対応してもらえませんが、JAFでは何度でも無料です。

 

また、天災などで自走できなくなった車のレッカー移動についてもロードサービスでは対応できないことがほとんどですが、JAFであれば対応してもらえます。

 

 

つまり、JAFとロードサービスは、サービス内容はほとんど同じでも、使い勝手に大きな違いがあるのです。

 

 

JAFとロードサービスの価格差

 

JAFの年会費は4,000円(初年度は入会金2,000円も必要)です。
それに比べて、自動車保険のロードサービスは、ほとんどが無料で付帯されています。

 

自動車保険料を節約したい人にとって、この金額の差は非常に大きいでしょう。

 

ただし、上述しているようにロードサービスを利用する場合は一定の条件を満たしておかなければいけないなどの使い勝手上の制限があります。
この制限を4,000円で補っていると考えるかどうかが、金額差を大きいと感じるかどうかのポイントかもしれません。

 

 

ロードサービスを使うと等級が下がるのか?

 

無料で付帯されているとはいえ、使えるサービスがあれば使うべきです。
しかし、保険に付帯しているサービスだということで、「ロードサービスを使うと保険の等級が下がるのではないか?」と考えることもあると思います。

 

保険の等級が下がってしまうと、保険料が一気にあがってしまいますので、この点を恐れるのは当然です。

 

 

基本的に等級は下がらないから料金は一定額

 

幸いなことに、上述しているように、ロードサービスは保険ではなくただのサービスです。そのため、使用したところで等級に影響はありません。

 

もちろん、バッテリーあがりや鍵の閉じ込めなどは一度ロードサービスを使うと、次は有料になってしまう場合が多いです。
そのため頻繁に使うことはないかもしれませんが、何度使っても等級に影響することはなく、翌年の保険料への影響はありません。

 

 

こんな場合は等級が下がります

 

2012年に改正された等級制度が、2015年10月に適用されました。

 

この改正で「等級カウントルール」も変更されています。
そのため、今まで「等級据え置き事故」だった保険事故の多くが、等級ダウン事故になっているのです。
具体的には、以下のような理由でも、保険適用させた場合は等級が下がるようになっていますので、注意してください。

 

  • 盗難
  • 火災や爆発
  • 天災(台風、洪水、高潮など)
  • 落書きやいたずら
  • 飛び石

 

 

まとめ

 

自動車保険のロードサービスは、どんどん充実した内容になっている、とても魅力的なサービスです。
そのため、どうせ外すことができないのであれば、しっかりと利用していったほうがいいでしょう。

 

しかし、ロードサービスは契約車両以外には適用できなかったり、無料で適用できる範囲が狭かったり、回数が制限されていたりと、必ずしも使い勝手の良いものではありません。

 

JAFは有料ですし、ロードサービスとかぶっている部分も多いサービスですが、上記のロードサービスを補完すると考えれば、とても優秀なサービスです。

 

もちろん、「他人の車に乗ることがほとんどない人」や、そもそも「ほとんど車に乗らない人」であれば、JAFを解約したほうが節約できることでしょう。

 

しかし逆に、「社用車を頻繁に使う人」や「長時間車を運転する人」の場合は、JAFに加入しておかなければ安心できないかもしれません。

 

保険料を節約するために、ロードサービスを外したり、JAFを解約しようと考えたりする前に、まずは自分が車をどう使っているかの状況を確認しましょう。
そうすれば、最適な選択肢が見えてきます。

 

 

僕の場合ですが、JAFには入っていません。
なぜなら、基本的に自分の車にしから乗らないからです。

 

保険は東京海上日動に入っていて、ロードサービスは充実しているとは言い難いですが、最低限のロードサービスはついています。

 

以前3ヶ月間で3回もバッテリー上がりを起こしてしまいましたが、3回とも無料でやってもらえましたよ。

 

 

社用車やレンタカーなど他人の車に乗ることが多い人はJAFも入っていたほうがいいと思いますが、基本的に自分の車にしか乗らないなら年間4000円はもったいないと思いますよ。


自動車保険ってどこがいいの?

「各保険会社って何が違うの?」
「補償内容や特約ってどう決めたらいいの?」
「安い保険がいいけど事故対応が心配」

とどの保険がいいのか迷っているなら、まずはこちらを御覧ください。

→賢い自動車保険の選び方。もしもの時に後悔しないために




え、5万円も!?自動車保険を見直そうと思ったら

自動車保険を乗り換えようかな?

と考えているなら、まずは一括見積りをしてみましょう。


複数社を比較することによって、自分に必要な保険がわかり、しかも保険料を安くできるかもしれません。

一括見積を利用することによって、10%の人が5万円以上安くなっていますよ!


→自動車保険の一括見積はこちら(無料です)


このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク