代車がないだと!?レンタカー費用特約が必要な人と不要な人。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

「事故時レンタカー費用特約」をつけるべきか悩む・・・。

 

レンタカー特約って必要なのだろうか・・・?

 

と悩んでいる方に、必要な方と不要な方をわかりやすくお伝えします!

 

 

多くのサイトで、「ディーラーや工場に修理に出せば代車が出るから必要なし!」と書いてありますが、それは間違い!

 

 

もし、レンタカー特約を付けていない場合、5,000円のレンタカーを30日借りたら15万円かかりますからね。

 

 

「あぁ、レンタカー特約付けておけばよかった・・・」
と後悔する前に、自分にとって必要なのか?不要なのかをはっきりしておきましょう!

 

 

「事故時レンタカー費用特約」とは

 

レンタカー特約とは、事故や故障によって自走できなくなったときの修理期間のレンタカー費用を保証してくれる特約です。

 

 

条件は以下の通り

 

・車両保険に入っていること
・期間は30日間
・補償金額は5,000~10,000円(契約時に選ぶ)
・盗難された場合も適応

 

気をつけたいのが、「走行不能になった場合」のみ適用されるということです。
ちょっとぶつけて傷や凹みを修理するときには、使えないのでご注意を!

 

また、車両保険に付随する特約なので、車両保険に入っていないとつけることができません。
また、期間はレンタカーを借り入れた日から30日間で、1日あたり5,000円~1万円が補償されます。

 

 

 

必要な人と不要な人

 

レンタカー特約が必要な人と不要な人を考えてみましょう。

 

よく、「修理に出せば代車が出るからいらない!と言われますが、代車に期待しないほうがいいですよ。

 

その理由は後述します。

 

 

レンタカー特約が必要な人

 

  • 通勤や仕事などで毎日車を使う人
  • 修理中に乗る車種を選びたい人
  • 車がないと困る人

 

 

車の修理は意外と時間がかかります。
たとえば、今日から1週間車無しで生活できるか考えてみてください。
答えが「No」なら特約を付けたほうがいいでしょう。

 

 

レンタカー特約が不要な人

 

  • あまり車は使わない人
  • 1家に2台以上車がある人
  • 確実に代車が出るとわかっている人
  • 車両保険には入らない人

 

 

週末しか使わないとか、もう一台車があるという方は無理につけなくても大丈夫です。
あなたの車が修理している間、困らないなら不要というわけです。

 

 

自動車保険を選ぶときは、まずは一括見積もりをすることをおすすめします。


安さだけで選ぶのはダメですが、複数の保険を比較して、サービスが充実していてさらに保険料が安いところを選ぶのがポイントです!
一括見積もりを使えば、複数の保険を比較できるのであなたにピッタリの保険が見つかるはずですよ!


→自動車保険の一括見積はこちら




 

 

 

代車には期待しないほうがいい2つの理由

 

代車があるとは限らない

 

ディーラーや整備工場には必ず代車がある!と思っている人もいるかもしれませんが、そういうわけではありません。

 

代車の数は限られているので、車検などの予約で埋まっているかもしれません。

 

 

事故や故障は急に起こるもので、いきなり「代車かして!」って言われても、予約でいっぱいということもあるのです。

 

 

先日、車検で代車を借りたのですが、予想以上にに日にちがかかってしまいました。(1週間ほど)
ディーラーにお願いしたのですが、途中で
「代車を返してくれ。かわりに私(担当者)の車を貸すので」
と言われてしまいました。

 

人の車を使うのも気が引けたし、ちょうど日曜日で車を使う必要がなかったので、お断りしましたが(笑)

 

 

 

というわけで、ディーラーや整備工場に常に代車があるということはないんです!

 

長い修理となるとなおさらで、その時になって「代車は出せません!」と言われたらどうしますか?

 

 

希望の車じゃない

 

代車というと、コンパクトカーで結構古い車が多い印象を受けます。
しかも、車内がタバコ臭いと最悪です・・・。

 

 

家族が5人いるのに、代車が軽自動車だったらどうでしょうか?1人乗れませんね・・・。

 

 

普段はミニバンに乗っているのに、代車が軽自動車やコンパクトカーだと結構困ります。
また、ナビやバックモニターなどの装備がついていないのが普通です。

 

1~2日だったらまだ我慢できますが、1~2週間、1ヶ月と期間が長くなればなるほど、ストレスが溜まりまくります。

 

 

レンタカー特約の場合は、好きな車を選ぶことが出来ます
1日の金額に上限はありますが、今乗っている車種と同等の金額が設定できるはずです。
※保険会社によって異なります

 

スポンサードリンク

 

 

 

いくらでつけられる?事故時レンタカー費用特約の保険費用

 

レンタカー費用特約をつけた場合、保険料はいくらぐらい増えるのでしょうか?

 

1日の保証料の金額によって違ってきますが、年額で5,000円~10,000円増となるでしょう。
月額に換算したら1,000円以下です。

 

そこまで高いものではないですよね。
万が一、事故で車が使えなくなり、代車もない場合には非常に役立つ特約だといえるでしょう。

 

 

しかし、保険料でネックになるのが車両保険に入らないといけないことです。

 

今まで車両保険に入っていない方は、保険料が倍になります。
5万円だったのが10万円です。

 

まずは、車両保険に入るか入らないかを検討したほうがいいでしょうね。

 

→車両保険って本当に必要なの?入らなくていい人はこんな人

 

 

等級は下がるの?

レンタカー特約自体は使っても等級ダウンはありません。

 

故障して動かなくなってしまった場合、修理費用は自腹になりますが、レンタカー特約が使えます。
等級ダウンはありません。

 

また、事故の場合も車両保険さえ使わなければ等級ダウンにはなりません。

 

実際に事故が起こったら、修理費用がいくらになって、等級ダウン後の料金がいくらになるのか計算してみるといいでしょう。

 

 

とはいえ、走行不可になるような事故ですので、修理費用もかなりの額になるでしょう。
その場合は、車両保険を使って修理をすることになるので、3等級ダウンとなります。

 

 

 

・車両保険と一緒ではなくても使えるか。
・特約を使っても事故としてカウントされないか。

 

この2点は、保険会社によって大きく異なるので、確認してください。

 

 

私は東京海上日動で7,000円のレンタカー特約に入っています

ちなみに、私は東京海上日動でレンタカー特約を付けています。

 

長野の田舎町に住んでいて車がないと非常に不便です。通勤や送り迎え、買い物と必ず車が必要です。

 

 

保険は東京海上日動で毎年更新時に担当者さんが家まで来て説明をしてくれます。
レンタカー特約については説明を受けたことはないですけどね・・・(笑)

 

現在は20等級で保険料は毎月5,880円。
レンタカー特約を外しても5,500円程度なので、付けておいたほうがいいと思っています。

 

 

 

まとめ

「事故時レンタカー費用特約(代車費用特約」は、毎日車が必要であれば付けておいたほうがいいでしょう。。

 

ただ、毎日車を使うわけでもないし、10日くらいなら特に不便はない!というなら不要でしょう。
また、修理に出したら必ず代車が出るとわかっている方も、不要です。

 

保険会社によっては、「提携修理工場なら代車を提供する」と約束しているところもあります。
そのあたりも確認してみるといいでしょう。

 

保険料は年間5,000円ほどです。月額換算すれば500円未満なので、そこまで高くはないでしょう。

 

 


自動車保険ってどこがいいの?

「各保険会社って何が違うの?」
「補償内容や特約ってどう決めたらいいの?」
「安い保険がいいけど事故対応が心配」

とどの保険がいいのか迷っているなら、まずはこちらを御覧ください。

→賢い自動車保険の選び方。もしもの時に後悔しないために




え、5万円も!?自動車保険を見直そうと思ったら

自動車保険を乗り換えようかな?

と考えているなら、まずは一括見積りをしてみましょう。


複数社を比較することによって、自分に必要な保険がわかり、しかも保険料を安くできるかもしれません。

一括見積を利用することによって、10%の人が5万円以上安くなっていますよ!


→自動車保険の一括見積はこちら(無料です)


このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサードリンク